かぐりんの秘密のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」のタロットカードやオラクルカードの扱いをメインに書いているブログ。

神楽ひかるの漫画で勉強シリーズ3月のライオン7回目in2巻に2回目!

かぐりん(@kagurahikaru)はおもしろがってきた!

 

【前置き】
と、
いうわけで、
3月のライオンもやるぉ。。。
1冊を2回でやる感じ。
現在15巻まででてるから全30回くらいかな。
と、
思ってたけどぜんぜん増えると思うの。。。


それぞれのシチュエーションをタロットで例えるやつ。
ルノルマンもありってことでやるし、
かぐりんが使ってるカード全般使用して表現するわ。
できるだけな。
ちなみに、
ルノルマンは36枚ではなく52枚です!
と、
コンビネーションは2枚を基本として3枚以上はあまり出さない方向で・・・。
と、
タロットも「大アルカナ」+「大アルカナ」と、
「大アルカナ」+「小アルカナ」と、
「コートカード」も組み合わせていきたいし逆位置も極力使わない。
と、
ウエイト版メインでとりあえず行きますが、
他のもだすかも?! 

3月のライオン 2 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 2 (ヤングアニマルコミックス)

 

【Chapter・14】
高橋君が川本家にカレー食べに来た!
ついでに、
桐山零の職業バラしに来た?!
あっさりだったなぁ。。。
秘密がばれるは「隠者」+「太陽」だぞ!
ルノルマンだと秘密って「棺」かしら!?
と、
思ったけど調べたら「本」みたいですね。。。
かぐりん流は「棺」でもOK!
と、
「太陽」でもいいけど「船」とかでいかが?
前置きはここまで、
で、
今回は「潔いのと投げやりは違うぞ」ってところに焦点を当てたい!
大アルカナだと、
潔いは「女教皇」で、
投げやりは「月」かなって?
「女教皇」ではないと「太陽」かな?
本当は「月」を使いたくないんですけど、
そうなるとなんだろう?
「塔」とか「恋人たち」なんでしょかね?

コートカードだと、
潔いは図象からすると「カップのナイト」って感じなんですが、
属性で考えると「ソードのキング」辺りかなって。
投げやりは「ソードのペイジ」ですね。
自分の持ち物から目を反らしてるの投げやりな証拠です。

小アルカナだと、
潔いは図象からすると、
「ソードの5番」とか「ソードの7番」かな。
投げやりは「ペンタクルスの5番とか、
最悪な「ソードの10番」ですかね?

ルノルマンだと、
潔いはなんとなくイメージで「百合」なんですよ。
投げやりは「鼠」じゃないかな?
この2つのカードじゃないとすると、
潔いのは「雪」とか、
投げやりは「鏡」でもいいんじゃないかなって思う。

【Chapter・15】
自分の趣味が、
他人と共感できる嬉しさ!
これな!
大アルカナだと、
「恋人たち」と「太陽」とかの組み合わせなんじゃないか?
もしくは、
「悪魔」と「法王」ってのもありじゃない?
コートカードだと、
共感がカップかクイーンですから、
カップのクイーン」+「カップのその他のカード」でいいんじゃないかな?
小アルカナは、
真っ先に思い浮かんだのは「カップの3番」でしょう!
と、
「ワンドの6番」だと、
winwinの関係って感じがしますね。
カップの6番」だと、
昔なじみな感じがしますね。
カップの2番」だと、
2人の初めての共同作業って感じですね。
「ソードの6番」だと、
一緒に逃亡とか、
なんとなくですがやましい気持ちの共感って気がします。
「ペンタクルスの3番」が、
1番生産的なカードだと思える共同作業!
ルノルマンだと、
「手」が共同作業って感じがしますね!
と、
小アルカナと同じで、
その内容はそれぞれのカードかなって。
一例を挙げると、
赤信号みんなで渡れば怖くないって感じが「船」で、
みんなでお金出し合ってプレゼント買ったよが「花束」で、
餞別的なものは「豚」って感じがしませんか?
将棋はなんとなくですが、
「馬って感じがしませんか?
それぞれの組み合わせを作っておいてもいいと思いますよルノルマン! 

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

 

【Chapter・16】
難しいね。
叶ってしまった夢はただの現実。
現実に負けそうになること多々あるよね生きてれば。
そういう時、
そうやったら抜け出せるか暗中模索。
そこを占ったりとか、
どう表現するかここでやればいいけど、
桐山零が探し当てていくのでここではスルー。
そう、
現実に負けそうになるカードを表現してみよう!
大アルカナだと、
圧倒的に「皇帝」を使いたい!
と、
組み合わせるならなんとなく「隠者」でもいいけど、
本来の意味では「隠者」疲れてないからね!
なので、
「審判」ですね。
「皇帝」+「審判」で疲れを自覚するって感じになりますよね?
コードカードだと、
あくまで「キング」を使いたい。
組み合わせて使うのは自覚するワンドかな?
つまりは、
「ワンドのキング」+「ソードのキング」って負けても、
負けましたって言わなさそうですよね。。。
小アルカナは、
圧倒的に9番を使いたい!
「ペンタクルスの9番」+「ソードの9番」なんて最悪かも。
「ワンドの7番」や「ペンタクルスの7番」も脱力感満載よね!
ルノルマンは、
間違いなく「錨」を使いたい!
と、
「鎌」とか、
「山」とか「雲」の鉄板や、
「十字」とか「酒」に理不尽さや、
冷たい「雪」に、
ハプニングの「稲妻」とか、
もう、
壊れちゃった「鏡」で止めを刺されてしまえ!
続く。。。


異論反論は講義で!
もしくは、
LINEかツイッターでなら受けるぞ!

良かったら読者になってください!