かぐりんの秘密のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」のタロットカードやオラクルカードの扱いをメインに書いているブログ。

神楽ひかるの漫画で勉強シリーズ3月のライオン5回目in1巻の最終回!

かぐりん(@kagurahikaru)はおもしろがってきた!

 

【前置き】
と、
いうわけで、
3月のライオンもやるぉ。。。
1冊を2回でやる感じ。
現在15巻まででてるから全30回くらいかな。
と、
思ってたけどぜんぜん増えると思うの。。。

 


それぞれのシチュエーションをタロットで例えるやつ。
ルノルマンもありってことでやるし、
かぐりんが使ってるカード全般使用して表現するわ。
できるだけな。
ちなみに、
ルノルマンは36枚ではなく52枚です!
と、
コンビネーションは2枚を基本として3枚以上はあまり出さない方向で・・・。
と、
タロットも「大アルカナ」+「大アルカナ」と、
「大アルカナ」+「小アルカナ」と、
「コートカード」も組み合わせていきたいし逆位置も極力使わない。
と、
ウエイト版メインでとりあえず行きますが、
他のもだすかも?! 

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

 

【Chapter・9】
子供のとき、
対等に話してくれる大人に好感を持ったなぁ。。。
お父さんの友人さん。
なるほどです。
怪我したモモちゃんをみて、
亡くした妹を思い出して泣くって。。。
まだ残ってしまってるのね。。。
自分が両親を、妹を亡くした時を思い出して、
どこに居場所ができるのか不安だったときに、
その人は自分の居場所を作ってくれる人だったのね。。。
はぐちゃんの時とその契約の仕方がまったく違うけど、
契約したのね。。。
そう、
生きるためにそれを選択したのね。


どこだっけかな?
ドイツかどっかの国では10歳のときになりたい職業を選んで、
選んだ職業の方向の学校へ進むんだって。
早いと思ったけど、
関心のあることへの特化って早ければ早いほどいいと思うのね。
いつまでも、
それこそ大学とか、
大学でて就職しても、
まだ自分が何をしたいのかわからないのですと言っちゃうよりはましな気がする。
ちなみに、
かぐりんが占い師!
と、
思ったのは18歳の時です。
早いような普通なようなそんな時でした。


シンプルに選択!
それならば「戦車」や「愚者」ってカードですが、
ここは「審判を推したい。
目覚めた!
選ばれた!
そういう感覚なんだと思うのね。
そうなると、
コートカードは、
「ソードのキング」がメイン!
ソードの考えるとキングの直感で即決!
運命の選択って感じがするの。
「ソードのナイト」あたりだと考えすぎ、
「ワンドのキング」だと直感というより勘。
だから「ソードのキング」
と、
組み合わせは「ペンタクルスのペイジ」です。
「ペイジ」なら理由がしっかりしてればどれでもいいかも?
小アルカナは、
「ペンタクルスのA」と「ワンドのA」ですね。
理由は上記とほぼほぼ一緒。
ルノルマンだと、
「道」を使いたくなるけど、
進学とか就職など、
普通に誰もが通る選択を「道」なんだと思うの。
だから、
今回の桐山零のシチュエーションでは使わない。
ここは、
「稲妻」+「引越鳥」あたりがど真ん中じゃない?

【Chapter・10】
家族+他人=失敗
家族+内弟子=成功したかな?
やっぱり失敗したかな?
きっと、
鳥だって痛みを感じるはずさ。。。
未成年に、
当時何歳だ?
10歳くらいかな桐山零。
どうせ行くんだったら遠い親戚より、
近しいと思える将棋仲のところに行っちゃうよね。
今回のテーマは居場所。
と、
しようと思ったんですが、
居場所っていろいろあるんで難しい。。。
なので、
日本人なんで「和」でいきますか?
あの時どうすれば「和」を作れたのか?
もっと難しい気がするけど詳細は授業で!


大アルカナだと、
「世界」+「恋人たち」です。
その居場所(世界)に、
どんなハーモニー(恋人たち)を作れたか。
コートカードだと難しい。。。
1人1人のことについて描かれてるカードに和って。。。
強いて言うなら、
協調性がありそうなのはソードかペンタクルスかな?
ならば、
「ペンタクルスのナイト」+「ソードのペイジ」で属性割り当て!
小アルカナだと、
「ワンドの6番」のイメージ強いね。
と、
属性で選べば「ソードの6番」もありだと思う。
ルノルマンだと、
「鳥」+「四葉」じゃないかな?
違うか、
「庭」+「四葉」か!
家族だったら「鳥」かな?
でも、
他人の家に入っての和だと「庭」+「四葉」かな。
飲み屋というか行きつけの店って意味で和とか居場所なら「酒」+「四葉」となる感じ。
続く。


異論反論は講義で!
もしくは、
LINEかツイッターでなら受けるぞ!

良かったら読者になってください!