かぐりんの秘密のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」のタロットカードやオラクルカードの扱いをメインに書いているブログ。

神楽ひかるの漫画で勉強シリーズ3月のライオン2回目in1巻

かぐりん(@kagurahikaru)はおもしろがってきた!

 

【前置き】
と、
いうわけで、
3月のライオンもやるぉ。。。
1冊を2回でやる感じ。
現在15巻まででてるから全30回くらいかな。
と、
思ってたけどぜんぜん増えると思うの。。。

 


それぞれのシチュエーションをタロットで例えるやつ。
ルノルマンもありってことでやるし、
かぐりんが使ってるカード全般使用して表現するわ。
できるだけな。
ちなみに、
ルノルマンは36枚ではなく52枚です!
と、
コンビネーションは2枚を基本として3枚以上はあまり出さない方向で・・・。
と、
タロットも「大アルカナ」+「大アルカナ」と、
「大アルカナ」+「小アルカナ」と、
「コートカード」も組み合わせていきたいし逆位置も極力使わない。
と、
ウエイト版メインでとりあえず行きますが、
他のもだすかも?! 

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

3月のライオン 1 (ジェッツコミックス)

 

【Chapter・3】
MHK杯はテレビに映る!
ので、
みんな頑張りたい!
現状の桐山零の人間関係は、
1・幸田家
2・川本家
3・将棋関係(今のところ二海堂晴信)
4・学校(友達いなくて先生とご飯食べてる)
と、
書いたけど3・将棋関係から、
初登場松本一砂とスミスさん!


松本一砂が、
桐山零に負けて、
スミスが桐山零のおごりで飲もうぜ!
と、
おごらす先輩!
嫌なやつ。。。
つか、
桐山零はまだ高校生だぞ!
銀座のお店だとうぅ~。
埼玉のキャバクラより絶対に高いぜ!
って、
なんとそこではあかりさんが働いてます!
そんなバイトしてたんですねあかりさん!
つか、
桐山零と川本あかりの出会いは、
飲みつぶれてた桐山零を介抱したのがあかりさんってシチュエーション!
ダメだろ高校生!
つか、
あかりさん男の使い方が上手いななぁ。。。
桐山零今回は松本一砂のおごりで飲めました!


あかりさん。
普段のあかりさんは「三姉妹の長女」
もしくは「和菓子屋で働く看板娘?」
別の顔があって「銀座の女」
この3パターンを表現してみますかね。


「三姉妹の長女」
これは、
「女帝」+「法王」
包容力は「女帝」で、
みんなの面倒を見るってのは「法王」の領域かなって。
もしくは、
属性でみると包容力はペンタクルスで、
面倒見がいいのは案外ワンドかなって。
なので、
「ペンタクルスのキング」とか「ワンドのペイジ」でしょうね。
属性ではなくカードでみるとなんとなくやっぱり「ペンタクルスのクイーン」ですかね?
かぐりん的には「ワンドのペイジ」を推したい。
小アルカナだと、
包容力だと「ペンタクルスの9番」で、
面倒見がいいのは「ワンドの3番」でいかがかな?
そしてルノルマンだと、
面倒見のいい「熊」に、
包容力の「家」でどうでしょうか。


「和菓子屋で働く看板娘?」
看板娘はひなたであって欲しいと思ってるかぐりん。
まぁ、
細かいことはおいておいて、
これは、
販売接客してるわけではないので、
「節制」と「隠者」でコツコツやってるように見えんか?
コートだと、
コツコツは「ペンタクルス」とかペイジっぽいので、
「ペンタクルスのペイジ」でいかがかな?
ルノルマンだと、
積み重ねる「本」と作業の「鎌」ですね。
「鎌」に作業という意味を付け加えたのはかぐりんの独断。
そんな感じがしませんか?


「銀座の女」
どうして銀座で働いてるのかは後々に出てきますが、
まだここではわからない設定です。
ただ、
その立ち振る舞いは描かれているのでそこに焦点を当てて表現しましょう。
大アルカナだと「力」かな?
「女教皇」「女帝」「力」「節制」「星」
わかりやすく女性を示してるカードってこの5枚かな?
「正義」はたまに「裁判の女神」って言われてることがあるので女性です!
で、
今回は「力」を選びました!
なぜなら、
スミス&一砂がいいようにコントロールされてたんで「力」でしょう。
ライオンをコントロールしてますしね。
合わせるなら、
「隠者」あたり熟練者って感じの意味をプラスしたいかなって。
コートカードだと、
やっぱり場のコントロール上手そうなのは「ソードのナイト」なんですが、
特化しすぎてる気がするので、
あかりさんの柔らかさを表現するとなると「ワンドのクイーン」かなって。
小アルカナだと、
ベターですが「ワンドの6番」と「ワンドの3番」かな?
かぐりん解釈だと「カップの3番」と「ソードの6番」ってのが本命!
で、
ルノルマンだとベターに淑女を使うと、
「淑女」+「百合」ですがつまらないので、
他のカードで表現をすると「百合」+「家」かなって。
「家」には色というか、
俺色に染めてやるぜ!
みたいな感じの「色」って意味を持たせてます。
それで、
百合色にしてやるぜ=あかり色
つまりは、
あかりが場をコントロールする空間って解釈を成立させました。

【Chapter・4】
ご飯食べにおいで!
と、
言われてものこのこと行きにくいよね。
せめて誘って!
で、
今日は誘われちゃったので川本家でごはんをいただく桐山零。
そっか、
自分のみっともないところを最初に見られちゃったんで、
みちゃったあかりさんには頭があがらんか!
ちょっとわかる。
この辺の感情をタロットで表現すると、
「皇帝」+「悪魔」ですね。
「皇帝」って頑張ってるカードなんで、
そんな一杯々なところを見られちゃったってのは「皇帝」の領域。
頭が上がらないはまんま悪魔の支配下にある「悪魔」のカードで表現できるぞ。
一応、
キングの支配下にあるのがペイジなんで、
その上限関係をここに当てはめてしまえば「キング」+「ペイジ」でいいんじゃないかな?
どのカードを当てはめるかは任せます。
あかりさんがワンドっぽかったらワンド、
桐山零がソードっぽかったらソードでいいんじゃないか?
小アルカナは「ワンドの9番」と「ペンタクルスの10番」とかかな?
みっともないってのは一時的なことなんで占星術の月対応の9番で、
今回はワンド。
で、
介抱してもらったって事実はペンタクルスで表現して今回は10番採用。
ルノルマンは、
「木」+「寝室」とか?
「木」は健康面を示してて、
そちらの方を表現しつつ「寝室」はかぐりん的には弱点って意味を持たせてるのでぴったりかなって。
予断ですが、
弱点の反対は「槍」です!
「寝室」と対を成してるのは「槍」です!
よくいう、
マウントを取りたがるのは「槍」です。

続く。


異論反論は講義で!
もしくは、
LINEかツイッターでなら受けるぞ!

良かったら読者になってください!