かぐりんの秘密のお部屋。

かぐりんこと占い師「神楽ひかる」のタロットカードやオラクルカードの扱いをメインに書いているブログ。

中級者向けルノルマンリーディング練習「本」と「家」で人間関係を占うやつ!

かぐりん(@kagurahikaru)はもっと読めるけどね!

 

中級者向けルノルマンカードの解説が終わった、
」と「」を使ってリーディング練習をしてみましょう。
占うのは人間関係って広くくくって、
使うスプレッドは「ペルソナスプレッド」です!

【レイアウト】
」のカードは、
タロットにすると「ペンタクルスの10番」になります。
それは、
日本の神託カードにすると「結びの橋」ですね。

」のカードは、
タロットにすると「カップのキング」になります。
それは、
日本の神託カードにすると「冒険するガジュマル」になります。

【ルノルマンリーディング】
1・潜在・本・マニュアル
2・顕現・家・安心感
もう、
本でこういう人はこう扱えばいい!
と、
分かってるはず!
分かってるのだからそう行動して、
安心感を得られるようにすればいい!


【ルノルマン+タロット】
様相を変えて、
1・潜在・本・ペンタクルスの10番・コミュニケーション
2・顕現・家・カップのキング・豊満
しっかり、
密にコミュニケーションを取っておくこと!
報告
連絡
相談の基本をおろそかにしないことな!
知ってるから安心できる!
知らないから不安になるんだぞ!


【日本の神託カード+ルノルマン+タロット】
1・潜在・本・ペンタクルスの10番・結びの橋
2・顕現・家・カップのキング・冒険するガジュマル
相手に興味があるというスタンス大事。
それが、
相手からもあなたを知りたいにつながってwinwinになる!


【まとめ】
とにかくコミュニケーション!
で、
忘れないように本にしよう!
メモるのはいいえけど、そのままだとだたのメモ。
メモをノートにして教科書にして参考書にして価値が上がる!
おわかり?

 

よかったら読者さんになってください!

 読んでくれてありがとうございました!